産経ニュース for mobile

【スポーツ異聞】目指すはメジャーリーガー 女子ならゴルファー どのプロスポーツが最も稼げるか? 

記事詳細

目指すはメジャーリーガー 女子ならゴルファー どのプロスポーツが最も稼げるか? 

スポーツ異聞更新
女子プロゴルフの鈴木愛は1億4000万円を稼ぎ賞金女王になった(林俊志撮影) 1/7枚

 我が子にどのスポーツをさせるか? 息子や娘など、子供を持つ親ならば、そう悩んだ経験がおありだろう。せっかくスポーツをやらせるのであれば、将来、高校、大学と進んで、さらにはプロとして職業にできるのなら、なおさら歓迎ではないだろうか。もちろん、「お金がすべて」などと野暮なことは言わないが、どの競技が儲かるのか調べてみたので、参考にしてください。

<< 下に続く >>

 プロスポーツといって思い浮かべるのは、何といってもプロ野球選手ではないだろうか。今オフ、契約更改交渉が続々と行われているが、オリックス・金子千尋投手(34)の5億円が最高だ。

 日本一になったソフトバンクの柳田悠岐外野手(29)は3年12億円プラス出来高払いの大型契約で更改。年俸なら、4億円になる。ほかにも、プロ野球の場合、4億円プレーヤーは大勢おり、阪神の糸井嘉男外野手(36)、鳥谷敬内野手(36)らもそうだ。

 米大リーグは日本のプロ野球とは比べものにならないほど破格で、田中将大投手(29)の年俸は2200万ドル(約24億7500万円)。フリーエージェントになったダルビッシュ有投手(31)は約28億円という米国内の報道もある。

 大リーグ選手会が12月22日(日本時間23日)発表した2017年の平均年俸は史上初めて400万ドル(約4億5000万円)を超えて、409万7122ドル(約4億6400万円)にも上った。

 一方、日本プロ野球選手会が2017年5月に発表した17年度の平均年俸は3826万円。球団別ではソフトバンクがトップで7013万円だった。これだけの年収がある20~30代はいないだろう。

 Jリーガーはプロ野球と比較すると、低めだ。平均年俸は2313万円で、プロ野球選手の3分の1以下だ。しかも、入団時にプロ野球選手がもらうような破格の契約金(ドラフト1位の選手で1億円以上)ももらえない。

 それでも、平均年齢26.76歳での年俸で、一般のサラリーマンとは比較にならないほどの高給取りだし、1億円プレーヤーも少なくない。

 大久保嘉人(35)は2017年シーズン、FC東京で1億2000万円をもらっていたとされる。18年から川崎に移り、半分の6000万円になるが…。J1リーグ登録選手数は552人。野球と比べ、選手寿命が短いのも気になる。

 ゴルフも“稼げるプロ”ではある。米国を主戦場にする松山英樹(25)は2016~17年838万570ドル(約9億4280万円)で全体の4位に入った。

 国内勢では宮里優作(37)が1億8283万1982円で最も稼いだ選手になった。獲得賞金2位小平智(28)から6位の今平周吾(25)までが1億円プレーヤーになった。

 女子では鈴木愛(23)が1億4012万2631円で賞金女王に輝いた。こちらも6位の上田桃子(31)の1億182万977円まで6選手がずらりと並んだ。プロスポーツの世界ではまだまだ男子上位の世界だが、ゴルフは女子が“稼げる”舞台だ。

写真ギャラリー

  • 大リーグでFAのダルビッシュ有は28億円にアップする報道もある(リョウ薮下撮影)
  • 国内のプロ野球も高収入。ソフトバンクの柳田は1年あたり4億円だ(松永渉平撮影)
  • プロゴルファーも稼げるスポーツ。松山英樹は10億円近くをアメリカで得た(共同)
  • Jリーガーは低めで、川崎に戻る大久保嘉人(左)は半減の6000万円(中井誠撮影) 
  • 中央競馬の騎手も高収入。ルメール騎手は2億円を軽く超す(岩川晋也撮影)
  • 大相撲は勝てば勝つほど増える仕組みで、横綱白鵬(右)は1億円に達するとされる(仲道裕司撮影)