産経ニュース for mobile

【バスケットボール】米国の大学指導者が収賄、アディダス社幹部も関与

記事詳細

米国の大学指導者が収賄、アディダス社幹部も関与

バスケットボール更新

 全米大学体育協会(NCAA)1部の大学バスケットボールの指導者が将来プロリーグのNBA入りが見込める学生を紹介する見返りに代理人などから現金を受け取ったなどとして、合計10人が贈収賄や詐欺で連邦捜査局(FBI)から訴追された。26日、米主要メディアが報じた。

<< 下に続く >>

 訴追された中にはNBAでプレー歴のあるオーバーン大のアシスタントコーチや名門アリゾナ大の指導者、スポーツ用品メーカー大手アディダス社の幹部もいる。米メディアによると、アディダス社が10万ドル(約1100万円)を渡したある高校生は、同社がこの夏に10年1億6000万ドル(約179億円)の契約を結んだルイビル大へ進学を決めたという。

 プロに劣らぬ人気と収益力を誇る米大学スポーツ界で懸念されていた不正が明るみとなり、司法当局の担当者は「今回の訴追で描かれた事態は一つではない」と、氷山の一角にすぎないという見方を示した。(共同)