産経ニュース for mobile

【五輪レスリング】「銀」で号泣の吉田沙保里 「ごめんなさい」繰り返す 「主将として、金メダル取らないといけないところだったのに…」 

記事詳細

「銀」で号泣の吉田沙保里 「ごめんなさい」繰り返す 「主将として、金メダル取らないといけないところだったのに…」 

五輪レスリング更新

 リオデジャネイロ五輪レスリング女子53キロ級で銀メダルを獲得した吉田沙保里は試合後、「日本選手の主将として、金メダル取らないといけないところだったのに、ごめんなさい」と語った。一問一答は次の通り。

 --すばらしい試合でした。今の気持ちを振り返ってください

 「たくさんの方に応援していただいたのに、銀メダルで終わってしまって申し訳ないです」

 --そんなことないですよ。素晴らしい戦いでした

 「日本選手の主将として、金メダル取らないといけないところだったのに、ごめんなさい」

 --決勝戦、非常に厳しい戦いでしたが、あえて敗因を挙げるならどのあたりでしょうか

 「自分のやっぱり気持ちが、最後は勝てるだろうと思ってたんですけど、取り返しのつかないことになってしまって…」

 --そんなことは誰も思ってないと思います。ご家族のほうに行きました。どんな言葉をかけられましたか

 「泣かんでいい、大丈夫だと。ここまで連れてきてくれたんだからありがとう、というふうに言ってもらいました」

 --でも最後は応援団に向かって手を振りました

 「もうこんなにたくさんの方に遠いところまで来ていただいたので、日の丸の旗や声援がものすごく聞こえてきたんですけど、最後自分の力が出し切れなくて申し訳ないです…」

 --日本中拍手を送っていると思います。素晴らしい銀メダルでした。お疲れさまでした

 「ありがとうございます」(五輪速報班)

プッシュ通知