PR

三好不動産が学生に支援金 最大10人を募集

PR

 福岡都市圏の不動産賃貸業大手、三好不動産は、大学生などへの支援金給付制度「ゾウさんの贈りもの」のエントリーを受け付けている。3月26日まで。令和3年度に福岡県内の大学、短期大学、専修学校へ進学する新入生を対象に、1人あたり月額2万円を1年間、返済不要で給付する。

 給付制度は同社が平成29年度から始め、今年で5回目。同社では支援金の給付にとどまらず、学生生活全般の支援を目指す。同社施設を開放し、主催イベントやセミナー、社会貢献活動などへの参加を呼び掛け、給付生と社員が交流する。「里親のような支援として根付かせる」(同社)ことが狙いだ。

 今年度は新型コロナウイルス感染拡大で、学業や生活に大きな支障が生じた学生も多い。給付生もアルバイトができなくなるなどし、学業継続が難しくなっているとして、臨時の追加支援も実施していた。

 給付対象は10人の予定。エントリーは同社ホームページ(https://www.miyoshi.co.jp/company/csr/okurimono/)へ。

この記事を共有する

おすすめ情報