PR

福岡市内の400診療所、ワクチン接種で協力意向

PR

記者会見する福岡市医師会の平田泰彦会長
記者会見する福岡市医師会の平田泰彦会長

 福岡市医師会は3日の記者会見で、新型コロナウイルスのワクチンに関し、接種に協力する意向を示している市内の診療所が現時点で約400施設に上ることを明らかにした。市は、開始から約5カ月で市内対象者全員の接種完了を目指すとしている。同医師会は、最終的に700施設程度の診療所を確保し、円滑に接種を進め、大規模病院の負担も軽減したい考えだ。

 同医師会は先週末から、市内1277の診療所を対象にワクチン接種に関する意向調査を進めている。3日時点で回答のあった641施設のうち395施設が「接種可」と回答した。同医師会の平田泰彦会長は「週内には500施設を超えるだろう」との見通しを示した。一方で、「接種不可」としたのは246施設だった。

 市内の接種対象は129万人。市や医師会は、平日は地域医療機関を中心に、土日祝日は公共施設など大規模会場での集団接種を想定している。市などはピーク時の接種は1週間で12万8千人になると見積もる。市のシミュレーションでは、病院35施設で4万2千人、主に診療所350施設で4万9千人の接種、残りを集団接種と想定しているが、この場合、1病院当たり1日の接種人数は240人に上る。

 平田氏は「(病院が)入院患者で大変な時に1日に何百人も接種しなければならないとなると医療崩壊を起こす」と指摘し、「開業医などが下支えし、接種件数を増やしていかなければいけない」と語る。

 医師会のアンケートでは、現時点で開業医ら約200人が集団接種に協力する意向を示している。医師会は、集団接種をスムーズに進めるためには「約400人の医師が必要になる」(平田氏)としており、さらに協力を募っていく考えだ。

 市は、65歳以上の高齢者らに加え、介護従事者や教職員、保育士、警察官も独自に優先接種の対象とする方針を示している。

この記事を共有する

おすすめ情報