PR

有明海でカラフル網にノリ種付け

PR

有明海で養殖ノリの種付け作業が始まり、海面に広がったカラフルなノリ網=18日午前、佐賀市沖(共同通信社ヘリから)
有明海で養殖ノリの種付け作業が始まり、海面に広がったカラフルなノリ網=18日午前、佐賀市沖(共同通信社ヘリから)

 有明海の秋の風物詩、養殖ノリの種付け作業が福岡、佐賀、長崎、熊本の沿岸4県で一斉に解禁となり、赤や青、黄色などカラフルなノリ網が海面を彩った。初摘みは11月中旬の予定。

 佐賀市の戸ケ里漁港では解禁された18日未明から、漁船がノリの種付きのカキ殻をぶら下げた網を積んで次々に出港。沖合の養殖場で漁師が長さ約18メートル、幅約1・5メートルの網を広げ、支柱に固定した。関係者らが豊作を祈願し、海にお神酒とぼた餅を投げ入れた。

 佐賀県有明海漁協によると、県内では初日の18日には約760隻で計約60万枚の網を張った。今シーズンは売上高235億円、生産量17億6千万枚が目標で、いずれも18年連続の日本一を目指す。

 戸ケ里漁港には7月の大雨で大量の土砂や木が流入したが、国土交通省などが撤去して例年並みの作業開始にこぎ着けた。

 同漁協の西久保敏組合長は「漁期に間に合い感謝している。引き続き日本一を守っていきたい」と意気込んだ。

この記事を共有する

おすすめ情報