PR

玄海原発3号機のケーブル火災は電流の許容超え 佐賀

PR

 九州電力は9日、定期検査中の玄海原発3号機(佐賀県玄海町)の屋外に設置された仮設電源盤のケーブルで9月に発生した火災について、許容範囲を超える電流がケーブルに流れて焼損したことが原因だと発表した。

 九電によると、電源盤に換気用のファンを追加で接続するように計画を変更した際、適切な容量のケーブルに変更していなかった。また、許容電流を超えた場合にケーブルを保護する対策も怠っていた。

この記事を共有する

おすすめ情報