PR

福岡5区の自民候補者調整「公正公平に」 原田氏陣営、公認で県連に陳情書

PR

陳情書を提出後、取材に応じる原田義昭元環境相(左)と伊藤善佐後援会長代行
陳情書を提出後、取材に応じる原田義昭元環境相(左)と伊藤善佐後援会長代行

 次期衆院選の公認をめぐり、福岡5区選出の自民党、原田義昭元環境相の後援会が5日、福岡県連による候補者調整の手続きについて、「公正公平」に進めるよう求める陳情書を県連に提出した。5区には自民から現職の原田氏に加え、新人の栗原渉県議も立候補の意向を示しており、今回改めて原田氏側が「現職優先」の方針にくぎを刺した格好だ。

 後援会の伊藤善佐会長代行が福岡市博多区の県連を訪れ、原口剣生県連会長に陳情書を手渡した。原田氏も同席した。

 5区の公認候補について県連は、9月下旬の執行部会で県連3役に対応を一任することを決め、現在は5区内にある地域支部の意見集約を進めている。一方、自民県議団は同月末、全会一致で栗原氏の推薦を決めた。

 陳情書では「(5区内)7支部のうち大半の支部長が県議会出身だが、あくまで公正公平の原則を貫き、厳正な采配があるものと念じている」と訴えた。原田氏によると、原口氏は「そのようにやっていく」と応じた。

 原口氏らとの面会後、取材に応じた原田氏は「党の規約では『現職優先』が原則だ。疑ってはいないが、意見集約の公平性を危惧する声もある」と述べた。

この記事を共有する

おすすめ情報