PR

BRT転換の日田彦山線、沿線2町村長が知事に地域振興策など要望

PR

福岡県の小川洋知事(左から2人目)に要望書を渡した添田町の寺西明男町長(左端)と東峰村の渋谷博昭村長(右から2人目)
福岡県の小川洋知事(左から2人目)に要望書を渡した添田町の寺西明男町長(左端)と東峰村の渋谷博昭村長(右から2人目)

 平成29年7月の九州北部の豪雨で被災し、福岡、大分両県の不通区間の一部がバス高速輸送システム(BRT)に転換されることで事実上決着したJR日田彦山線に関し、沿線の福岡県添田町長と同県東峰村長は1日、それぞれ小川洋県知事に、利便性向上や地域振興策の拡充を求める要望書を提出した。

 復旧区間はBRT専用道と一般道の組み合わせとなる。添田町はバスが一般道を走るルートの利便性を高めるため、町内での停留所新設などを要望。東峰村は観光促進策や、地域資源を生かした商品開発といった施策の財源確保を求めた。

 寺西明男添田町長は小川氏に「住民がBRTでよかったと思えるような復旧を」と訴えた。鉄道での復旧を強く求めてきた渋谷博昭東峰村長は「(BRT容認は)苦渋の決断。地域振興策について十分な配慮を」と述べた。小川氏は「地域の観光や活性化に息長く取り組む」と強調。JR九州との協議にも「全力を挙げたい」と語った。

この記事を共有する

おすすめ情報