PR

日田彦山線復旧BRT容認で 青柳社長「一歩前進」 福岡

PR

 JR九州の青柳俊彦社長は27日の記者会見で、日田彦山線の復旧をめぐり、鉄道復旧を求めていた福岡県東峰村が、バス高速輸送システム(BRT)への転換を容認したことについて、「鉄道以外でも復旧しようということになったのは一歩前進だ」と歓迎した。

 JR九州が示している案よりもBRT専用道を延伸する福岡県の提案については「まだ県から聞いていない」としつつも「われわれの案のどこが不都合なのか、延伸するとどう良くなるのか、きちんと説明いただければ、やぶさかではない」と述べた。

この記事を共有する

おすすめ情報