PR

福岡の遊園地「かしいかえん」に笑顔 1カ月半ぶり再開

PR

営業再開した「かしいかえんシルバニアガーデン」でジェットコースターを楽しむ人たち
営業再開した「かしいかえんシルバニアガーデン」でジェットコースターを楽しむ人たち

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、4月8日から休園していた西日本鉄道が運営する遊園地「かしいかえん シルバニアガーデン」(福岡市東区)が22日、約1カ月半ぶりに営業を再開した。密集の恐れがある観覧車や着ぐるみとの触れあい、屋内遊具の利用は休止のままで、県外からの来園は引き続き自粛を求める。

 この日午前10時の開園にあわせ、再開を待ちわびた多くの家族連れが訪れた。北九州市から来た小学3年の松村太郎君(8)は「久しぶりに外で思いっきり遊べるからうれしい」と笑顔。2歳の長男と訪れた福岡市西区の主婦、吉岡園子さん(31)も「公園遊びはまだ周囲の目が気になる。再開は本当にありがたい」と語った。

 園は消毒の徹底や、遊具の座席を一部間引くなど感染防止対策を徹底する。橋本典明園長は「外出自粛の生活で大変だと思う。できる限りの準備をして、気分が晴れることに少しでも貢献したい」と述べた。

この記事を共有する

おすすめ情報