PR

「ツール・ド・九州・山口」開催へ検討委発足

PR

 九州経済連合会の麻生泰会長は22日、九州・山口各県を周遊するサイクルイベント「ツール・ド・九州・山口」の実施可能性について検討する委員会を発足させたと発表した。「できれば令和4年からやりたい。(昨年秋の)ラグビーワールドカップの熱があるうちに仕掛けたい」と述べた。

 九州地域戦略会議後の記者会見で明らかにした。

 麻生氏は、今年の訪日外国人客(インバウンド)の見込みが昨年比で4分の1となるとした九州観光推進機構の試算に言及。その上で「(観光業にとって)体験したことがないダメージだ。何かやらないと大変だ」と強調した。検討委は今後、早ければ11月にも結論を出す。

 麻生氏は産経新聞の年始インタビューで「周遊コースなら各県を網羅する。サイクルツーリズムは欧米豪に愛好者が多い」などと述べ、開催に意欲を示していた。

この記事を共有する

おすすめ情報