PR

JR九州、6月の特急と観光列車3千本運休

PR

 JR九州は19日、新型コロナウイルスの感染拡大によって利用者が激減しているのを受け、6月1~30日に在来線特急と観光列車の計3188本を運休すると発表した。特急のうち、博多(福岡市)-ハウステンボス(長崎県佐世保市)の「ハウステンボス」や、博多と大分県を結ぶ「ゆふいんの森」などは全列車の運転を取りやめる。博多-長崎の「かもめ」、主に博多と大分を結ぶ「ソニック」などはそれぞれ一部列車を運休する。

この記事を共有する

おすすめ情報