PR

新型コロナ破綻 九州・沖縄で12件

PR

 東京商工リサーチ福岡支社は12日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で九州・沖縄企業の経営破綻(弁護士一任・準備を含む)が11日までに計12件に達したと発表した。負債総額が最大だったのは、結婚式場・ビジネスホテル運営の人吉観光交通(熊本県人吉市)の7億円。

 県別の最多は福岡で5件あり、ラーメン店経営の長浜将軍(福岡市、負債総額1億5400万円)とグループ会社のモンキチフーズ(福岡市、負債総額6100万円)が含まれた。熊本は3件、佐賀、宮崎、鹿児島、沖縄がそれぞれ1件。

 全体の業種別は宿泊業が4件、飲食店が3件、卸売業が2件など。

この記事を共有する

おすすめ情報