PR

福岡市教委が夏休み短縮

PR

 福岡市教育委員会は8日、新型コロナウイルスの影響による臨時休校で不足する授業時間を確保するため、市立の小中高校と特別支援学校全225校の夏休みを短縮する方針を明らかにした。市教委は、7日の臨時校長会で夏休みの短縮と、土曜日の授業を増やす方向性を伝えた。短縮の期間をどの程度にするかについては、学校の再開が決まり次第、確定させるとしている。市立学校は31日まで休校することが決まっている。

この記事を共有する

おすすめ情報