PR

博多人形も登場「アマビエ頼み」 熊本の海に出現の妖怪が疫病退散、SNSで拡散

PR

水木しげるさんが描いたアマビエの原画の画像(C)水木プロ
水木しげるさんが描いたアマビエの原画の画像(C)水木プロ

 新型コロナウイルスの感染が広がる中、肥後国(現・熊本県)の海に出現したとされる妖怪で、疫病退散に御利益があるとされる「アマビエ」が注目されている。会員制交流サイト(SNS)で自作イラストなどの投稿が相次ぎ、「ゲゲゲの鬼太郎」で知られる漫画家、水木しげるさんが描いたアマビエの原画が公開されると反響を呼んだ。キーホルダーや博多人形も登場し、ウイルス退散への思いを広げている。

 長く伸びた髪に鳥のようなクチバシ、体は人魚のようにウロコで覆われ、3本足で立っている-。京都大付属図書館が所蔵する瓦版にはそんな奇妙な妖怪が描かれている。同館によると、アマビエは江戸末期の弘化3(1846)年に肥後国の海に出現したとされる。自ら「アマビエ」と名乗り「病が流行したら私の姿を写して人々に見せよ」と告げて海へ帰ったという言い伝えが残ることから、疫病退散に御利益があると信じられてきた。

 新型コロナウイルスが世界的に拡大し始めた2月以降、ツイッターなどでは流行終息の願いを込めてアマビエの自作イラストなどを公開する動きが広がった。同館が3月にツイッターで瓦版の画像を紹介したところ瞬く間に拡散。SNS上では自作イラストだけでなく、ぬいぐるみやアマビエをモチーフにした手作り弁当を公開する投稿も見られ、同館の梶山暢子さんは「瓦版の絵を参考に、思い思いにアマビエを描いて疫病退散を願ってほしい」と話した。

 3月には水木プロダクションが公式アカウントで、水木しげるさんがペンと墨汁で描いたアマビエの原画とそれに彩色した画像を「現代の疫病が消えますように」とのコメントとともに掲載。リツイート(転載)も「神々しいです」「早く疫病が終息しますように」など、御利益を期待する声が多く寄せられた。

 アマビエの“ご当地”熊本では熊本市のデザイン事務所「ネストグラフィックス」が自作のアマビエの絵をキーホルダーにするサービスを開始すると、全国から注文が寄せられた。

 また、福岡県那珂川市の博多人形作家で伝統工芸士の戸畑茂四郎さん(72)はウイルス封じ込めを願って、アマビエの博多人形(2200円)を制作した。栗色の髪の毛に丸顔の博多人形らしい優しい雰囲気。戸畑さんは「感染沈静化への思いを込めた。玄関などに飾り、疫病を追い払ってほしい」と話している。

この記事を共有する

おすすめ情報