PR

九州・山口など9県知事ら新型コロナ検査、医療資材で連携確認

PR

 九州と山口、沖縄の9県でつくる九州地方知事会は10日、臨時にウェブ会議を開き、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け各県がPCR検査の委託や、防護服など医療資材の融通で連携することを確認した。

 会議は冒頭以外は非公開で開催された。経済状況が深刻化しているとの認識も共有。鹿児島県の三反園訓知事は冒頭で、県内の観光業が打撃を受けていると訴え「終息が見えた段階で、大々的なキャンペーンをお願いしたい」と発言した。九州を巡る旅行商品の共同開発も提案した。

 会長の広瀬勝貞大分県知事は終了後に記者会見し、福岡県などで病床数が逼迫(ひっぱく)していることを受け、各県が受け入れ態勢を整えた上で、県をまたいだ感染者の搬送を検討する考えを示した。会議ではこの他、佐賀県の山口祥義知事は緊急事態宣言の対象地域となった福岡県に対し、県民が他県に不要不急の移動をしないよう、自粛要請の徹底を求めた。

 9県で結んでいる災害時の応援協定に、感染症対策での協力を盛り込むことも決めた。

この記事を共有する

おすすめ情報