PR

福岡知事、コロナ感染拡大で週末の外出自粛要請 4日から19日まで

PR

 福岡県の小川洋知事は1日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、今月4日から19日までの週末を対象に、不要不急の外出を自粛するよう県民に要請した。平日も含めて、感染が拡大している首都圏や関西などへの不要不急の往来や海外への渡航、重症化リスクの高い人が集まる病院や高齢化施設などへの訪問も控えるよう呼びかけた。

 県内では3月31日に、これまでで最多となる17人の感染が確認されるなど、感染者が増加傾向にある。感染経路不明の患者も増えていることから、一定期間の外出自粛要請に踏み切った。小川氏は記者会見で、期間を19日までとした理由について「県の施設も19日まで休館としているため、それに合わせた」とした。

 小川氏は「日常生活に必要な買い物、公園などでの散歩やジョギングまで自粛をお願いするものではない」として「一人一人の慎重な行動が自らだけでなく周りの人を守ることになる」と協力を呼びかけた。

 一方、大分県の広瀬勝貞知事も1日の記者会見で、当面の間、東京都や大阪府への不要不急の移動や海外渡航を自粛するよう、県民に呼び掛けた。3月以降にこれらの地域から転入した人には、2週間の外出自粛と健康観察を要請した。週末を含む今後1週間は、県内でも人混みに出掛けることや、イベントへの参加を控えるよう求めた。

この記事を共有する

おすすめ情報