PR

玄海町長、3カ月間無給 現金受領「責任受け止める」

PR

 福井県敦賀市の建設会社「塩浜工業」側から現金100万円を受領したことが問題となった佐賀県玄海町の脇山伸太郎町長は10日、臨時町議会を招集し、自身の給料を3月から3カ月間にわたり全額カットする特例条例案を提出し、可決された。

 3日の記者会見で続投意向を表明していた脇山町長は「大きな社会的影響を与え、町政運営に混乱をきたした。議会と町民の皆さまに迷惑を掛けた責任を重く受け止める」と提出理由を説明。議員からは「勇気ある決断を」「3カ月では納得できない」と、辞職などのより厳しい対応を求める発言もあった。

 採決では議長を除く議員8人で賛成・反対が同数となり、議長裁決で可決した。カット額は3カ月分で約240万円になる。

 脇山町長は初当選直後の平成30年7月、塩浜工業の関係者から現金を受領。昨年12月、関西電力役員らに金品を贈っていた福井県高浜町の元助役、森山栄治氏(故人)と塩浜工業の関わりについて、マスコミで報じられた後に返還した。

この記事を共有する

おすすめ情報