PR

九州新幹線長崎ルート 全線フル規格「勝負の年」 佐賀の議員有志、膠着打開目指す

PR

 博多と長崎を結ぶ九州新幹線長崎ルートの整備方式をめぐり、「全線フル規格化」へ機運を高めようという動きが佐賀県内で活発化してきた。与党検討委員会は昨年、未着工区間も鹿児島ルートと同様のフル規格が適当としたが、県が協議に応じず結論が出せない状態が続く。人口減が続く西九州の発展には強靭(きょうじん)なインフラ網が欠かせず、フル規格化を推進する議員らは年内決着を目指し「今年は勝負の年」と意気込む。

 今月18日、佐賀市内で長崎ルート整備に関する意見交換会が開かれ、沿線市町の首長や地元議員、国土交通省、JR九州の担当者ら約130人が参加した。会は全線フル規格化を目指す県内の議員らが企画した。

 同ルートは、長崎-武雄温泉(佐賀県)でフル規格新幹線の整備が進み、令和4年度に、在来線とを乗り継ぐ「対面乗り換え方式」で暫定開業する。会を主催した自民党の今村雅弘衆院議員(比例九州)は、乗り換えは乗客の負担になると指摘し、「1日も早く方向性を出さないと、佐賀県や国土交通省、JR九州も(利用者から)批判を受けることになる。危機感を抱いて取り組むことが必要だ」と訴えた。

 会は非公開で行われ、出席者によると、国交省から現状の報告があり、JR九州は鹿児島ルートの整備効果や、対面乗り換えが続く場合の課題を説明した。

 取材に応じたJR九州新幹線計画部の牛島康博部長は「対面乗り換えは、長崎から大阪までに2度の乗り換えを必要とする。不便をおかけし、当社も採算が成り立たない。長期化、固定化は経営上も大きな問題だ」と語った。

 ◆不安を解消

 意見交換会は、佐賀県内の議員有志でつくる「フル規格促進議員の会」が事務局を務めた。同会は昨年5月に議員25人で結成し、現時点では約40人となった。会長の平原嘉徳佐賀市議は「フル規格化を求める声は県内でも高まっている」と語る。

 会では昨年末、フル規格化の必要性を説明するチラシを作成した。国の試算によると、フル規格で整備した場合、佐賀県の実質負担は約450億~660億円で、同県の山口祥義知事は負担の大きさを課題の一つに挙げる。チラシでは、これを30年で返済した場合、年間負担は15億~22億円、50年返済の場合は9億~13億円で、県の当初予算4400億円に対し、わずか0・3%だと主張する。

 平原氏は「不安が解消されれば、県民もフル規格での整備に納得してくれる。理解を広げることが重要で、今年は勝負の年になる」と強調した。

 ◆幅広い協議

 与党検討委が未着工区間はフル規格が適当との見解をまとめてから、まもなく半年になる。

 佐賀県との没交渉状態を打開するため、国交省は今月16日、県に対し、フル規格のほか、「フリーゲージトレイン」(軌間可変電車、FGT)や在来線を改良した「ミニ新幹線」など、これまで議論した4方式も含めて協議することを提案した。県が主張する幅広い協議に応じ、議論の土俵を作ることを目指す。国交省関係者は「まずは佐賀の懸念を取り除かないといけない」とし、関係者も協議の前進に期待する。

 ただ、フル規格以外の4つのうち、在来線を使うミニ新幹線は工事期間中に運行に影響し、FGTは安全性の問題から開発が遅れ、導入の見通しが立っていない。このほか、在来線と同じ線路幅の「スーパー特急」や「対面乗り換え」も県民の理解を得られるか不透明だ。

 協議の糸口を探る動きが続くが、長崎県やJR九州はフル規格化を強く求めており、「いつまでも議論を続けていいのか」という地元関係者の批判の声は強まっている。

 ◆長崎のことも

 整備方式をめぐっては、佐賀県内の自治体首長や佐賀県議会でも意見が分かれ、知事がフル規格に慎重姿勢を崩さない一因になっている。

 佐賀-博多は現行で35分程度で結ばれ、県東部を中心に「在来線で十分」という声は根強い。新幹線整備の費用対効果が小さい上、整備後は在来線特急が減らされるなど利便性が低下する不安があるからだ。

 一方で、インフラはネットワークで考えなければならない。佐賀県が考えるべきは長崎県のことだろう。

 九州の西端に位置する長崎県にとってアクセス改善は悲願で、新幹線整備を地域発展の起爆剤ととらえている。元佐賀県知事で、与党検討委のメンバーでもある古川康衆院議員(比例九州)は、18日の意見交換会に出席し、「鹿児島ルートの整備には九州一体の発展のため、佐賀県も負担をした。受益が十分でないという理由で同ルートがいらないと主張したことはない。ネットワークとして必要なものは協力しないといけない」と指摘した。

 新幹線は全国のネットワークにつながることで効果が発揮される。北陸新幹線開業で金沢市の観光客が急増したように、全線フル規格化が実現すれば、関西など九州域外から目を向ける人が増え、沿線への恩恵は大きい。

 鹿児島ルートの途中駅である熊本駅周辺でも、駅前を中心に急速に再開発が進む。同様に長崎ルートが整備されれば、ネットワークの拠点として佐賀にも効果が期待できる。整備予算の獲得を逃せば、西九州は、飛躍の機会を失うことにもなりかねない。

この記事を共有する

おすすめ情報