PR

国交省、九州新幹線で佐賀県にフル含め5方式協議提案

PR

 九州新幹線長崎ルートで未着工となっている佐賀県内の新鳥栖-武雄温泉の整備方式をめぐり、フル規格を目指している国土交通省は16日、佐賀県に対し、ミニ新幹線など別の四つの方式も含めて協議することを提案した。佐賀県は態度を保留している。

 国交省幹線鉄道課の足立基成課長が佐賀県庁を訪れ、佐賀県地域交流部の南里隆部長と面会した。同区間は、与党がフル規格で整備する方針を示したが、佐賀県は多額の財政負担などを理由に反対し、フル規格を前提とした協議には応じられないとしてきた。

この記事を共有する

おすすめ情報