PR

男児溺死で2000万賠償命令 川遊びキャンプ主催団体に

PR

 佐賀県伊万里市で平成22年7月、キャンプ中の川遊びで溺死した小学3年の鷲尾光四朗君=当時(8)=の両親が、主催団体の伊万里グリーン・ツーリズム推進協議会に約5200万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、佐賀地裁(達野ゆき裁判長)は20日、約2200万円の支払いを命じた。

 両親側は、協議会には参加児童らの安全を確保する義務があったとし「十分な安全対策を取らなかった」と主張。協議会側は、事故を予測できなかったと反論していた。

 事故では、協議会の事務局長だった当時の市観光課長ら5人が業務上過失致死罪で在宅起訴された。いずれも無罪判決が確定している。

この記事を共有する

おすすめ情報