PR

新幹線佐賀工区アセス費見送り 佐賀知事「当然の結果」 長崎知事は「残念」

PR

 九州新幹線長崎ルート(博多-長崎)に関し、国交省は18日、与党の整備新幹線建設推進プロジェクトチーム(PT)に対し、令和2年度予算案では佐賀県内の新鳥栖-武雄温泉の着工に先立つ環境影響評価(アセスメント)費の計上を見送ることを報告した。これについて、佐賀県の山口祥義知事は18日、報道陣に対して「当然の結果だ」との考えを示した。

 与党はフル規格で整備する方針を示したが、佐賀県は多額の財政負担などを理由に反対。山口知事はこれまでも「(県内でのアセス費の計上を県の合意がなく)国が一方的にやるのはありえない」と主張していた。

 一方、フル規格での整備を求めている長崎県の中村法道知事は18日、報道陣に「何としても(アセス費を)来年度の予算に計上してもらいたくて要望を重ねてきた。大変残念に思う」と語った。長崎県としても早期に佐賀県の合意を得られるよう「できる限り努力をしていかなければいけない」との姿勢を示した。

 長崎ルートは武雄温泉-長崎がフル規格で建設されており、博多駅と結ぶ在来線特急と武雄温泉駅で乗り継ぐ「リレー方式」によって4年度に暫定開業する予定。

この記事を共有する

おすすめ情報