PR

なすしおばら映画祭あす開催 12作品、ワークショップも

PR

 「なすしおばら映画祭2019」が30日、那須塩原市豊浦の映画館「フォーラム那須塩原」などを会場に開催される。同市にゆかりのある作品や国内の映画祭に出品された作品など12作品が上映されるほか、メークや演技指導などのワークショップも行われる。今回は来年の本番に向けたトライアル開催。

 同市が芸術で地域を盛り上げようと策定した「アートを活(い)かしたまちづくり戦略」を受けて組織された同市の「ART369プロジェクト委員会」が企画した。

 上映作品は、同市出身の相馬寿樹さんが監督を務めた「ガラスの園で月を食らう」、日本アカデミー賞最優秀監督賞を受賞している行定勲監督の「うつくしいひと サバ?」、日向朝子監督の同市PR短編映画「HARMONY(ハーモニー)」など。12作品を4プログラムに分けて「フォーラム那須塩原」で上映する。同市まちづくり大使で俳優の川岡大次郎さんと監督とのトークショーも行われる。上映時間は午前10時~午後7時。チケットは1プログラムにつき1千円、1日通しで3千円。

 また、ワークショップは午後2時から、まちなか交流センター「くるる」(同市本町)で。事前予約が必要。問い合わせは同実行委員会(0287・62・7128)。(伊沢利幸)

この記事を共有する

おすすめ情報