PR

休止前最後の大田原マラソンに3490人がエントリー

PR

 第32回「大田原マラソン大会」が、大田原市美原の同市美原公園陸上競技場を発着点に行われた。厳しい財政状況や3年後の「いちご一会とちぎ国体」など大きなスポーツイベントが重なることを背景に、大会は来年から令和4年までの3年間休止することが決まっていて、今回は休止前最後の大会。

 日本陸上競技連盟公認マラソンコースで、マラソン男女と10キロ男女の部に3490人がエントリーした。開会式の後、マラソンの部からスタート。マラソンの部は男子1945人、女子192人が出走し、沿道の声援を受けゴールを目指した。

 男子は、有村優樹(旭化成)が2時間15分40秒、女子は永尾薫(Sunfield)が2時間39分58秒でそれぞれ初出場で初優勝を飾った。上位選手はパリマラソンに派遣される。

この記事を共有する

おすすめ情報