PR

栃木でインフル流行始まる 昨季より5週早く

PR

 県保健福祉部は、県内でインフルエンザの流行が始まったと発表した。県内の医療機関での定点調査の結果、今月11~17日の週に訪れた患者数の平均が1医療機関当たり1・01人となり、流行の目安となる平均1人を超えた。前週は0・76人で、1週間で大幅に増えた。昨季より5週早い流行入り。

 県内6保健所で最も多いのは県西の1・88人。以下、県南1・47人、県北1・21人などと続いている。県は、体調管理やワクチン接種、早めの受診を呼びかけている。(山沢義徳)

この記事を共有する

おすすめ情報