PR

秋彩る有田陶磁器まつり開催 佐賀

PR

「秋の有田陶磁器まつり」で商品を見る女性
「秋の有田陶磁器まつり」で商品を見る女性

 新年向けの器などが並ぶ「秋の有田陶磁器まつり」が20日、佐賀県有田町で始まった。歴史ある窯元や磁石場が公開され、木々が色づく焼き物の里を散策しながら楽しめる。24日まで。

 陶磁器まつりは、ゴールデンウイークに開催される恒例の「有田陶器市」の10分の1ほどの規模で実施。来場者に、ゆったりと歩いて見てもらうのが狙い。

 夫婦で訪れた福岡県宗像市の無職、中武俊郎さん(67)は、4割引きで豆皿などを購入した。「絵柄が気に入った。デパートに行ってもなかなか手が出ないから、安くなっていて満足。大切にしたい」と話した。

 22、23両日には有田を代表する窯元で伝統的な「薪窯焚き」を公開する。炎を上げる窯に、職人がまきを放り込む作業を見られる。

 主催する有田観光協会は、24日までの5日間で14万9千人の来場を見込む。

この記事を共有する

おすすめ情報