PR

【FIGHT9日和】栃木県なかがわ水遊園 ピラルクーの餌丸のみ間近に

PR

 県なかがわ水遊園は、関東随一の清流とよばれる那珂川のほとりにある県唯一の水族館です。最寄りの駅、インターチェンジからは1時間近くかかる不便な場所にありますが、豊かな自然に囲まれた素晴らしいエリアです。

 水族館といってもイルカはいません! ペンギンもいません! 川のほとりにある水族館ですから主役は川に住む魚たちです。那珂川を代表するアユはもちろん、ヤマメやカジカ、国の天然記念物ミヤコタナゴなど一見すると地味に思われがちですが、自然の川を再現した水槽の中を泳ぐ魚たちは、実にドラマチック。砂に潜って隠れる、餌を探す、なわばり争い、そして産卵など四季折々にみせてくれる姿はいつまでも見飽きません。

 カメやザリガニなど水の生き物と触れ合えるタッチング水槽も大人気です。スタッフが丁寧に触り方のコツを教えるので、小さなお子様でも安心です。初めてザリガニを持てた時の最高の笑顔をお約束します。

 そして、もう一つの見どころは日本屈指の規模を誇るアマゾン川にすむ魚の展示です。3センチのネオンテトラから3メートル近い巨大魚のピラルクーまで100種類以上の魚が混泳するアマゾン大水槽は圧巻です。毎日午後2時半からのピラルクーたちのお食事タイムで、ピラルクーが餌を丸のみにする時の迫力を実際に体感してください。

 水遊園の人気者はカピバラの「茶々丸(ちゃちゃまる)」。ピラニアやアロワナが泳ぐアマゾン大水槽を自在に泳ぎ、潜ります。陸上ではのんびりとしたカピバラですが、この姿を見たらカピバラのイメージが変わるはずです。ただ、いつ泳いでくれるかは、茶々丸の気分次第なので見られたらラッキーです。他にもアマゾンさながらのジャングルに隠れているグリーンイグアナ探しも知る人ぞ知る楽しみ方の一つです。

 近隣には、女優の吉永小百合さん出演のテレビCMが話題を集めた雲巌(うんがん)寺や那珂川町馬頭広重美術館、いわむらかずお絵本の丘美術館など魅力的なスポットがあるので、おでかけプランに加えてみてはいかがでしょうか。みなさまのお越しをスタッフ一同、笑顔でお待ちしております。

(県なかがわ水遊園企画担当グループリーダー 渡辺裕介)

                   ◇

 ◆県なかがわ水遊園 大田原市佐良土2686▽営業時間=午前9時半~午後4時半(夏期は午後5時)▽観覧料=高校生以上650円、小中学生250円、小学生未満無料▽休園日=毎週月曜(祝日の場合は翌日)毎月第4木曜(祝日の場合は開園)▽0287・98・3055

                   ◇

 ファイト・ナイン

 福島(F)茨城(I)群馬(G)栃木(T)4県の動物園や水族館9施設が連携、動物との触れ合いを通し命の大切さを学んでもらうとともに地域活性を目指す取り組み。スタンプラリーの他、持ち回りで移動動物園などのイベントを行っている。Hは心の絆を表すハート(HEART)の頭文字。

この記事を共有する

おすすめ情報