PR

無罪確定の介護職員、労災認定 佐賀

PR

 佐賀県嬉野市の養護老人ホームで入所者の胃ろう用カテーテル(管)を引き抜いたとして傷害罪に問われ、その後無罪が確定した職員の女性(34)が労災認定された。女性の代理人の吉田俊介弁護士が明らかにした。施設から自宅待機を命じられた直後に適応障害を発病したと判断されたとしている。

この記事を共有する

おすすめ情報