PR

母子3人殺害で無罪主張 元警察官「身に覚えない」 福岡地裁

PR

 福岡県小郡市の住宅で平成29年6月、母子3人が殺害された事件で、殺人罪に問われた元県警警察官、中田充被告(41)は5日、福岡地裁で開かれた裁判員裁判初公判で「一切身に覚えはなく、事実無根だ」と無罪を主張した。

 起訴状によると、被告は通信指令課の巡査部長だった29年6月5日深夜~6日未明、自宅で小4の長男涼介君=当時(9)、小1の長女実優さん=同(6)=の首をひものようなもので絞め、妻由紀子さん=同(38)=の首を圧迫し、いずれも窒息死させたとしている。

 県警によると、由紀子さんの爪から被告の遺留物が検出された。由紀子さんが見つかった台所には練炭のようなものがあり、県警は無理心中を偽装したとみている。

 一家は4人暮らし。被告が29年6月6日早朝に出勤後、家を訪れた由紀子さんの姉が3人の遺体を発見した。県警は由紀子さん殺害罪で起訴後の17年7月、被告を懲戒免職処分にした。

この記事を共有する

おすすめ情報