PR

一度は就職、覚悟の土俵 福岡出身18歳・豊浪 「大家族を支えたい」

PR

 諦め切れなかった夢を追いかける-。大相撲秋場所の新序出世力士、松崎改め豊浪=本名松崎龍之介、福岡県出身、立浪部屋=は高校卒業後に一度就職したが、脱サラして入門した18歳の新弟子だ。10人きょうだいの3番目で、大家族を支える強い覚悟を持ち、地元開催の九州場所に挑む。

 180センチ、123キロから繰り出す突っ張りが武器だ。目標とする力士には元大関の千代大海(現九重親方)を挙げる。

 相撲を始めたのは大分・東九州龍谷高だ。相撲部の存在すら知らなかったが、勧誘を受けて練習に参加した。最初は、体のぶつかり合いに恐怖を感じた。しかし、練習が終わるころには「でかい人に勝ちたい」と、闘志がむくむくと沸いた。

 3年夏には県大会で3位に入る実力をつけたものの、一番下の弟がまだ小学校低学年だったこともあり、「自分が(稼がないと)という思いだった」と、角界入りせず、福岡県内の自動車部品工場に就職した。

 ただ、日に日に大相撲への思いが強まっていった。思い切って両親に相談すると、背中を押された。「駄目といわれると思ったけど、応援してくれた。うれしかった」と振り返る。

 高校の先輩が所属する縁から、立浪部屋に入門した。

 新弟子としての生活は厳しい。日々の稽古はもちろん、雑用もこなさなければならない。それでも、小学生のころから料理を作るなど、大家族の世話には慣れっこだ。「下の子の世話の方が大変だった。逆に結構楽ですね」と豪快に笑い飛ばす。

 原動力は家族への思いだ。「両親とも朝早く仕事へ行って、遅くに帰ってきた。関取になって楽をさせてあげたい」と語る。初めてしこ名が載るご当地場所に向け「身内もみんな来る。(序ノ口)優勝したい」と言葉に力を込めた。

 九州場所は10日に福岡市博多区の福岡国際センターで初日を迎える。

この記事を共有する

おすすめ情報