PR

スタフラ好調、新路線が寄与し売上高過去最高

PR

 航空会社のスターフライヤー(北九州市)が31日発表した令和元年9月中間決算(単体)は売上高が前年同期比3・8%増の202億円となり、中間決算として過去最高になった。最終利益は42・7%増の6億円だった。昨年10月に中部国際空港-台北線と北九州空港-台北線をそれぞれ開設し、全体の売り上げを押し上げた。2年3月期の業績予想は据え置く。

この記事を共有する

おすすめ情報