PR

タカ本拠「ペイペイドーム」に改称 スマホ決済の浸透狙う 福岡

PR

 プロ野球ソフトバンクが来シーズンから福岡市の本拠地「ヤフオクドーム」を「ペイペイドーム」に改称する方針を固めたことが30日、分かった。親会社のソフトバンクグループはペイペイを冠したスマートフォン決済アプリやインターネット通販を強化している。今年日本一になった球団の力を借り、一段の知名度向上と消費者への一層の浸透を図る。

 複数の関係者によると、福岡市などには報告しており、近く発表する。

 ペイペイ(東京)はソフトバンクグループが50%、ヤフーと通信大手ソフトバンクがそれぞれ25%出資し、今後のグループの成長を支える戦略的な中核企業と位置付けている。昨年決済アプリを始め、システム障害などに見舞われながらも巨額の還元キャンペーンで、利用者数は1500万人を超え国内トップ水準とされる。

 ヤフーは10月に入り、フリーマーケットアプリ「ペイペイフリマ」とインターネット通販サイト「ペイペイモール」も始めた。決済や購買データを連携させて新たな事業モデルを築く方針で、グループ全体でブランド力の底上げを目指している。

 既に球場でもペイペイの決済を導入している。球団は人工知能(AI)が試合の組み合わせや順位などを踏まえて需給を予測し、入場券の価格を決める「AIチケット」を本格化するなど新技術の導入にも熱心だ。球団は今後もグループ企業と協力し、観客向けのサービス向上を図りたい考えだ。

この記事を共有する

おすすめ情報