PR

知人男性殺害を否認 39歳男、福岡地裁支部

PR

 昨年8月、自宅で知人の無職、冨永昌一さん=当時(47)=を監禁、殺害したとして、殺人と逮捕監禁の罪に問われた無職の田中啓広被告(39)=北九州市小倉南区=は29日、福岡地裁小倉支部で開かれた裁判員裁判初公判で、殺人罪について「殺意を持ってやってはいない」と起訴内容を否認し、逮捕監禁の罪は認めた。弁護側は殺害行為と殺意を否認した。

 起訴状によると、昨年8月25~26日、福岡県水巻町の路上で、冨永さんを軽乗用車に押し込め、両腕を縛って被告宅の浴室に監禁。ベルトのような物で首を絞め、窒息死させたとしている。

この記事を共有する

おすすめ情報