PR

九州でもスマートEX JR九州 4年春には鹿児島中央まで

PR

 JR九州は、東海道・山陽新幹線(東京-博多)で導入しているインターネットで座席を予約できるサービス「スマートEX」と「エクスプレス予約」を、令和4年春をめどに九州新幹線(博多-鹿児島中央)でも利用できるようにすると発表した。既に運用しているJR東海、JR西日本と合意した。

 連携させたICカードをタッチすれば自動改札機を通ることができ、九州新幹線に拡大後は東京-鹿児島中央間をチケットなしで新幹線に乗れる。スマートEXは年会費が無料で、エクスプレス予約は1100円。

 JR九州の青柳俊彦社長は福岡市で記者会見し、スマートEXの会員が約309万人、エクスプレス予約も約378万人に達するとして「利用が増加しているため、あやかって共通利用をできる仕組みを構築したい」と期待を込めた。

 JR九州はサービス導入後も、スマートフォン向け予約アプリ「JR九州アプリ」での九州新幹線などの予約も引き続きできるようにする。

この記事を共有する

おすすめ情報