PR

有明ノリの種付け始まる 赤や緑の網、海面彩る

PR

 有明海の秋の風物詩となっている養殖ノリの種付け作業が27日、福岡、佐賀、長崎の3県で解禁となり、赤や緑の鮮やかなノリ網が海面に広がった。初摘みは11月下旬ごろの予定。

 8月下旬の記録的大雨で海に草木が流れ込んだが、漁師らが船を出し、9月中に回収を終えた。佐賀県有明海漁協の徳永重昭組合長は「無事に種付けでき、ほっとしている。ノリの主力生産県として生産量を確保したい」と意気込んだ。

 佐賀市の広江漁港では、薄暗い未明から朝にかけ漁船が次々と出港。沖合に着いた漁師は、カキ殻をぶら下げた長さ約18メートル、幅約1・5メートルの網を広げて支柱に取り付けた。作業を終えると海にお神酒を注ぎ、ぼた餅を食べてノリの成長を願った。熊本県でも、今月から種付けが始まっている。

 有明海漁協は今シーズン18億枚の生産、234億円の売り上げを目標とし、いずれも17年連続の日本一を目指している。

この記事を共有する

おすすめ情報