PR

落語まつりを円楽さんPR 福岡中心に来月開幕

PR

 三遊亭円楽さんがプロデュースする日本最大規模の落語の祭典「博多・天神落語まつり」が11月1日から、福岡市を中心に開かれる。東西の落語家約50人が出演する恒例のイベントで、今年で13回目。脳腫瘍による療養後、8月に復帰した円楽さんは「気力で帰ってきました。寿命の限り続けます」と多くの来場を呼び掛けた。

 桂文枝さんや立川志の輔さん、春風亭昇太さんら人気落語家も参加する。11月1~4日にFFGホールなど福岡市内の4会場で開く。このほか2日に鹿児島市、4日に北九州市、6日に沖縄県浦添市でも予定されている。

 北九州、沖縄公演では鹿児島県出身の四代目三遊亭円歌さんの襲名披露もある。円楽さんも1日から高座に上がり、期間中の総来場者数は延べ2万人超を見込む。

この記事を共有する

おすすめ情報