PR

子供と地域つなぐ情報源 湯川中学校で「NIE福岡県大会」

PR

線を引きながら、戦争体験者を取り上げた記事を読み込む生徒たち
線を引きながら、戦争体験者を取り上げた記事を読み込む生徒たち

 新聞を学校教育で活用する「NIE」に取り組む福岡県内の学校や新聞関係者らが集う「NIE福岡県大会」が16日、北九州市の市立湯川中学校で開かれた。NIE実践指定校としての授業も公開され、新聞の担う役割や指導のあり方などについて意見が交わされた。

 大会では県NIE推進協議会の小田泰司会長があいさつし「学校が地域や家庭と連携を強めている中、新聞は子供と地域をつなぐ情報源としての可能性を秘めている。主体的な学びを促すツールとして、大きな役割を担いうる」とNIEの意義を強調した。

 新聞を国語の授業で活用する取り組みも公開された。1年生の授業では、先の大戦中、小学生だった少年が空腹のあまり弟のミルクを盗み飲みし、やがて弟が栄養失調で亡くなるまでを描いた絵本「おとなになれなかった弟たちに…」を教材に使用。戦争体験者を取り上げた新聞記事を使って、時代背景を考えた。

 生徒たちは「最初は罪だと思っていたが、『罪だけど罪じゃない』に変わった」「みんなが生きるのに精いっぱいの時代だった」「飢えが人の道を外させた」など、新聞で学んだ当時の状況を踏まえて、活発に意見を述べた。

 大会では全国の小・中・高校生から新聞記事の感想や意見などを募る「いっしょに読もう!新聞コンクール」(日本新聞協会主催)の県内応募者の表彰式も実施。県最優秀賞には、桜井つぐみさん(県立門司学園高1年)▽柴田深冬さん(福岡教育大付属小倉中1年)▽清武琳さん(粕屋町立粕屋中央小5年)の3人が選ばれた。

この記事を共有する

おすすめ情報