PR

武雄市が大雨の災対本部解散

PR

 8月の記録的な大雨で大規模な水害に見舞われた佐賀県武雄市は7日、応急的な災害対応に一定のめどがついたとして災害対策本部を解散した。県によると、県内では同日午前7時半現在、大町町の22人が避難生活を送っており、町は同本部を継続している。

この記事を共有する

おすすめ情報