PR

関電問題受け九州電力が内部調査、金品授受確認されず

PR

 九州電力は4日、関西電力役員らの金品受領問題に関連し、自主的に実施した内部調査の結果、儀礼の範囲を超える金品の授受は確認されなかったと明らかにした。経済産業省にも報告した。

 調査対象は社長、会長を含む上席執行役員以上の役員と、川内原子力発電所(鹿児島県薩摩川内市)と玄海原子力発電所(佐賀県玄海町)の所長ら26人で、面談や電話によって、聞き取ったという。

 九電は、社内規定で金銭や、中元や歳暮などの受け取りを禁じている。

この記事を共有する

おすすめ情報