PR

風俗店従業員に暴行 容疑で門司税関職員を逮捕 小倉北署

PR

 福岡県警小倉北署は27日、風俗店の従業員に体当たりしたとして暴行の疑いで、北九州市門司区大里戸ノ上の門司税関職員、東藤大典容疑者(50)を現行犯逮捕した。税関によると、課長級の幹部職員。

 逮捕容疑は27日午後10時20分ごろ、同市小倉北区船頭町の風俗店で、男性従業員に体当たりするなどした疑い。

 小倉北署によると、女性従業員とトラブルになり、退店する際、入り口付近で注意した男性従業員に走って体当たりし、その場で取り押さえられた。当時酔っていたという。

この記事を共有する

おすすめ情報