PR

JR九州・石原相談役の叙勲祝賀会に380人

PR

旭日重光章受賞祝賀会であいさつするJR九州の石原進相談役=27日、福岡市博多区
旭日重光章受賞祝賀会であいさつするJR九州の石原進相談役=27日、福岡市博多区

 今年春の叙勲で旭日重光章を受章したJR九州の石原進相談役(74)の祝賀会が27日、福岡市博多区のホテルオークラ福岡で開かれた。政財界などから380人が出席し、石原氏の功績をたたえ、受章を祝った。

 石原氏は平成14~21年、JR九州社長を務めた。その後は会長に就き、26年に相談役に退いた。会長時代には九州新幹線(博多-鹿児島中央)の全線開業、JR博多駅ビルが完成し、九州経済の発展や観光振興に大きく貢献した。現在は九州観光推進機構会長やNHK経営委員長なども務める。

 石原氏は「JR九州は土着の会社だ。これからも九州の発展のために微力ながら努力していく」とあいさつした。祝賀会には、福岡ソフトバンクホークスの王貞治会長も特別ゲストとして駆けつけた。

この記事を共有する

おすすめ情報