PR

九電がレタス工場 豊前発電所の遊休地活用し4年度稼働

PR

協業するスプレッドの植物工場で作られたレタスをほおばる九州電力の池辺和弘社長
協業するスプレッドの植物工場で作られたレタスをほおばる九州電力の池辺和弘社長

 九州電力は25日、福岡県豊前市の豊前火力発電所内の遊休地に、レタスの水耕栽培工場を建設すると発表した。令和4年度に稼働する予定で、年間の売上高は10億円程度を見込む。

 植物工場大手のスプレッド(京都市)などと連携し、栽培工程のほとんどを自動化する。

 工場内の温度や湿度、光量、循環する水に含ませる栄養分などは、センサーで測定し、管理する。生育状況や収穫実績を人工知能(AI)で分析し、生産の最適化を図る。

 栽培したレタスは福岡市や北九州市などの都市圏を中心に、スーパーや飲食店に販売する予定だという。

 植物工場の課題は高コスト体質だ。新工場は広さ約1万2千平方メートルで、生産能力は1日当たり5トンと、国内最大級となる見込み。規模拡大によって、1個あたりの生産費用を削減する。九電グループが培った省エネ技術も活用する。

 記者会見した九電の池辺和弘社長は「グループで培った多くの知見を活用する。雇用で貢献するなど、地域とともに発展させる」と語った。

この記事を共有する

おすすめ情報