PR

台風17号が沖縄へ 3連休、各地に影響も

PR

 大型の台風17号は20日、沖縄県の南海上を北寄りに進んだ。発達しながら21日に沖縄に接近した後、東シナ海を北上。さらに対馬海峡方面から日本海に向かうと予想される。3連休の列島各地に影響が出そうだ。

 気象庁によると、台風は21日明け方にかけて沖縄県・先島諸島に、昼前にかけて沖縄本島に近づく。鹿児島県・奄美地方は21日夕方に最接近する。気象庁は暴風、高波への警戒を呼び掛けた。大雨にも注意が必要だ。

 沖縄県の予想最大瞬間風速は20日が30メートル、21日は35メートル。21日朝までの24時間予想雨量はいずれも多い所で、沖縄県120ミリ、鹿児島県150ミリ。

 台風は20日午前9時現在、沖縄県・宮古島の南東約280キロを時速約10キロで西北西に進んだ。中心気圧は990ヘクトパスカル、最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートル。半径650キロ以内が風速15メートル以上の強風域。

この記事を共有する

おすすめ情報