PR

諫早訴訟で農水相が現地訪問の意向「和解の機探る」 長崎

PR

 江藤拓農水相は17日の閣議後の記者会見で、開門をめぐる訴訟が続く国営諫早湾干拓事業(長崎県)の現地を訪問する意向を示した。日程の調整がつけば今週中にも訪問したいとの考えを明かし「何とか(漁業者側との)和解の機を探っていきたい」と語った。

 江藤氏は「こうすれば(一気に)解決するという知恵は正直ない」と説明した上で「対話の回数を増やしていくことが解決の糸口になればと思っている」と述べた。

この記事を共有する

おすすめ情報