PR

「同性婚認めて」と提訴 福岡のカップル、九州初

PR

同性婚を認めないのは憲法違反だとして国を提訴し、記者会見する原告のこうすけさん(左)とまさひろさん=5日午前、福岡市中央区
同性婚を認めないのは憲法違反だとして国を提訴し、記者会見する原告のこうすけさん(左)とまさひろさん=5日午前、福岡市中央区

 同性婚を認めないのは憲法違反だとして、福岡市在住の男性カップルが5日、国に計200万円の損害賠償を求める訴えを福岡地裁に起こした。弁護団によると、九州での提訴は初めて。今年2月には全国の同性カップルが札幌、東京、名古屋、大阪の4地裁に提訴している。

 原告は会社員のまさひろさん(31)と会社員のこうすけさん(30)。7月に福岡市に婚姻届を提出したが、受理されなかった。

 政府は「婚姻は両性の合意のみに基づいて成立」とする憲法24条は、同性婚を想定していないとの見解。しかし原告側は、憲法が禁止しているわけではないとし、国会が同性婚を認める立法措置を怠ったことで、精神的苦痛を受けたと主張している。

この記事を共有する

おすすめ情報