PR

JR九州、観光列車の冊子モデル公募

PR

 JR九州は、博多-別府(大分県)などを結ぶ特急「ゆふいんの森」といった観光列車のPR冊子に掲載するモデルの一般公募を始めた。期間は9月末まで。それぞれの列車を題材にした7種類の冊子を作成し、同社の駅や旅行窓口などで来年3月上旬ごろから約1年間無料で配布する。同社がモデルを一般公募するのは初めて。

 顧客目線の旅行を提案し、利用促進につなげるのが狙い。対象の列車はゆふいんの森のほか、宮崎県の日南線を通る特急「海幸山幸」、鹿児島県の指宿枕崎線を走る特急「指宿のたまて箱」など。モデルに選ばれた場合、列車内や駅のホームなどで写真を撮影する。希望者は、応募用紙に氏名と登場を希望する列車名、都合が良い撮影日などを書いて郵送する。

この記事を共有する

おすすめ情報