PR

佐賀県スポーツアンバサダーにJ1鳥栖のトーレス選手が就任

PR

 佐賀県は20日、引退を23日に控えたサッカーJ1サガン鳥栖所属で、元スペイン代表のフェルナンドトーレス選手(35)=写真(右)=を、世界に挑戦するスポーツ選手の育成に助言してもらう「アンバサダー」に起用した。就任式が県庁で20日開かれ、山口祥義知事=同(左)=が委嘱状を手渡した。

 トーレス選手は「光栄に思う。佐賀県の子供を全力で応援したい」と述べた。山口氏は「子供たちのことを考えてくれていることがうれしい。都合が合う限り、県のためによろしくお願いします」と応じた。

 県は選手育成やスポーツの普及を目指す「SAGAスポーツピラミッド構想」の一環でアンバサダーを設けた。他にいずれも佐賀県出身でプロ野球西武ライオンズの辻発彦監督、広島カープの緒方孝市監督、柔道五輪金メダリストの古賀稔彦さんが務めている。

 トーレス選手は、本拠地の駅前不動産スタジアム(佐賀県鳥栖市)で23日にあるヴィッセル神戸戦が引退試合となる。「キャリアの最後を佐賀で迎えられてうれしく、感謝している。J1残留に向けて勝ち点3を取りたい」と抱負を語った。トーレス選手は、サガン鳥栖のアドバイザーに就くことも決まっている。

この記事を共有する

おすすめ情報