PR

佐賀県警、スマートグラスで訓練 災害時、人命救助に威力

PR

 佐賀県警機動隊の訓練で装着された眼鏡型端末のスマートグラス
 佐賀県警機動隊の訓練で装着された眼鏡型端末のスマートグラス

 佐賀県警は、災害時の人命救助を想定し、眼鏡型端末のスマートグラスなどを使った遠隔作業支援サービスを、全国の警察で初めて導入し、訓練を公開した。

 ソフトウエア開発会社のオプティム(佐賀市)がシステムを提供する。スマートグラスで災害現場の映像を撮影すると、インターネットを通じて、遠隔地のパソコンなどで映像を見ることができる。さらに、パソコンから現場への作業指示を書き込み、スマートグラスで指示内容を確認できる。

 訓練は、大雨で家屋が倒壊したという設定で実施した。スマートグラスを着用した県警機動隊員が、離れた場所に設置した司令部に現場の状況を報告。司令部でパソコンを使って映像を確認し、画面上に印を付けるなどして隊員に指示した。

 オプティムの友広一雄取締役は「外からの冷静な目があることで、被災者はもちろん、現場にいる隊員自身の安全確保にも役立つ」と話した。佐賀県警警備第2課の光武司課長補佐「一刻も早い救助活動に役立てたい」と語った。

この記事を共有する

おすすめ情報