PR

フル規格前提なら拒否と佐賀県知事 新幹線協議で

PR

与党検討委員会の山本幸三委員長(右)から文書を受け取る長崎県の中村法道知事
与党検討委員会の山本幸三委員長(右)から文書を受け取る長崎県の中村法道知事

 九州新幹線長崎ルートの整備方式をめぐり、佐賀県の山口祥義知事は7日、与党検討委員会がまとめたフル規格での整備を前提とした場合、長崎県などとの協議には応じない考えを示した。県庁で記者団に明らかにした。一方、長崎県知事は与党検討委に謝意を示した。

 佐賀の山口氏は、フル規格が適当だとする検討委の方針について「中央が押しつけるやり方は、地方自治の観点から大きな問題と言わざるを得ない」と批判した。その上で「フル規格をベースにした議論をする場であれば、参加するつもりはない」と明言した。

 検討委の山本幸三委員長は同日、長崎県の中村法道知事と長崎県庁で会談し、フル規格整備が適当だとする見解をまとめたことを伝えた。中村氏は「本県の考え方に沿った判断は大変ありがたい」と述べた。

この記事を共有する

おすすめ情報